ホーム > 太平洋クラブが更生計画案可決し認可決定

太平洋クラブが更生計画案可決し認可決定2013.11.12

会社更生手続き中の株式会社太平洋クラブほか5社は、株式会社マルハンをスポンサーとする更生計画案の賛否の書面投票期限を平成25年10月28日までとしていたが、同意多数により可決し、10月31日付けで東京地裁から認可決定を受けた。

更生計画案内容は、会員は下記3つのうちから選択することになる。

①退会(弁済率11.82%)

②会員権の継続保有(10%を再預託20年据置+残り1.82%弁済)

③会員権の継続保有(再預託無しのプレー権+5.59%弁済)

認可決定から2ヶ月以内に選択の通知を行わないと退会扱いとなる。

太平洋クラブは平成26年4月1日からマルハンの傘下になり、マルハン初のゴルフ場事業となる。

会員の年会費は平成26年4月から36,000円を徴収すると決定している。

ゴルフ会員権相場情報

page top