ホーム > 中部国際ゴルフクラブと下呂カントリークラブが経営変わる

中部国際ゴルフクラブと下呂カントリークラブが経営変わる2014.1.28

株式会社キノシタ(本社:名古屋市千種区内山1-18-10、代表取締役:木下茂)が経営している5つのゴルフ場のうち、中部国際ゴルフクラブ(岐阜県可児市柿下126-2)と、下呂カントリークラブ(岐阜県下呂市宮地1083-1-8)の2コースを、株式会社ジー・プロジェクト(東京都千代田区大手町1-7-2、代表取締役:齊藤博史)に売却していた。

株式会社ジー・プロジェクトは、経営会社の全株式を取得し、昨年11月1日から新体制で営業しているが、スタッフ及びメンバーの権利等は何ら変更ないらしい。

ちなみに、株式会社ジー・プロジェクトは不動産関連の事業を行っている会社で、代表の齊藤氏は長野県のゴルフ場の支配人や代表取締役を務めたことのある人物のようだ。

なお、株式会社キノシタは今回の2コースを売却し、グループゴルフ場は、長野県伊那市の信州伊那国際ゴルフクラブ、北海道白糠町の釧路空港ゴルフクラブ、北海道滝川市の滝川丸加高原カントリークラブの3コースとなった。

ゴルフ会員権相場情報

page top