ホーム > リオフジワラカントリークラブが9ホールを閉鎖し18ホールに

リオフジワラカントリークラブが9ホールを閉鎖し18ホールに2016.9.11

現在、リオフジワラカントリークラブ(三重県いなべ市藤原町篠立3111番地)は、立田コース(9ホール)、藤原コース(9ホール)、中里コース(9ホール)の27ホールで営業しているが、このほど、立田コース(9ホール)を閉鎖し、メガソーラー事業を開始することとし、「新ゴルフ場事業とメガソーラー管理事業」の2本柱での収益安定を図ると発表した。

新体制での営業開始は平成29年1月からで、藤原コース(9ホール)、中里コース(9ホール)の18ホールでの営業。中里コースにはナイター照明設備を設置する。ナイター照明は4月から11月の8か月の使用予定で、設置工事は平成28年9月下旬より入る予定。

クラブ競技は従来通り開催し、ゴルフプレー予約も従来通り、メンバー優先で行う。

ゴルフ会員権相場情報

page top