ゴルフ利用税の廃止ならず、存続のまま

自民党税制調査会は1月15日に、平成25年度税制改正に向けた省庁からの改正要望の1次査定結果をまとめ、廃止要望が出ていたゴルフ場利用税は存続させると発表された。ゴルフ場利用税は1人当たり1日最大1,200円を課税する地方税で、業界団体は普及を妨げていると廃止を求め、地方団体は貴重な財源として存続を主張していたが、今回は地方側に配慮した形だ。