ホーム > オリーブレポート 試験掘り

オリーブレポート 試験掘り2017.12.26

こんにちは、オリーブ設計です!昨日の午前中に現場にて『試験掘り』を行いました 😉 

この試験は杭工事に先立ち、設計上の杭の性能を確保するための土質の確認です。

 17.12.25 (101)
県内で続く建設ラッシュのため、杭打ち機の確保に苦労しました 😯



 17.12.25 (102)
まずは、杭を固定する付近の土を採取するために掘り下げます。


17.12.25 (103)
掘り下げる地盤の硬さは、データにより自動的に保存されます。
デジタル化によって過去の紙の記録での改ざんを防止します。


17.12.25 (104)
所定の深さの土を確保できたら、ロッドを引き抜きます。


17.12.25 (105)
ロッドの先端に溜まった地中25m付近の土を採取します。


17.12.25 (106)
以前、設計を始める前に行ったボーリング調査の土質標本から
同じ深さのサンプルを取り出します。
(ボーリング調査  オリーブレポート2017.2.8 2017.3.15 参照)


17.12.25 (107)
サンプルから土を取り出し、さきほど採取した土と比べてみます。
採取したものは湿っていて色が異なりますが、同じ種類の土でした。


17.12.25 (108)
異なる深さの土を採取するために、何度もロッドを上げ下げします。


17.12.25 (109)
杭を固定する地盤1mごとに採取した土を並べて確認します。


17.12.25 (110)
目的の地盤付近の土は硬く、4ヶ所の採取に2時間ほど経過


17.12.25 (111)
採取した土は、事前のボーリング調査の土とすべて一致。合格!
この『試験掘り』に続き、午後は『試験杭』が行われます 😀 

ゴルフ会員権相場情報

page top